約束が守れなかったとき

土曜日 , 17, 11月 2018 約束が守れなかったとき はコメントを受け付けていません。

どうもアンナです(^^)/突然ですが、あなたはなりたい自分ってありますか?私にはあったのです。でもそこに到達してしまいました。だからこれから残りの人生を考えたときどうしようかと思い、このブログを立ち上げました。このブログではあなたに有益な情報を提供することを約束します。そして今日は約束について私の経験談を話します。

仕事のうえでの話じゃありません。仕事上のアポをキャンセルしなくちゃいけないとなったら、それはそれなりのマナーがありますが、今日の話題はプライベートでのお話。

友達でも恋人でも家族でも、たとえば一緒にランチを食べる約束をしていた、映画に行く、飲みに行く、デートをする、なんでもいいんですが、約束していたことを、断らなくてはならなくなった場合。急な用事や仕事が入って、あるいは自分や家人の体調が悪くなったとか、知人、近隣に不幸があったなど、事情はさまざまです。

そんなとき、都合が悪くて行けなくなったということをまず相手に伝えるのが先決ですけど、できればメールやメッセージではなく、電話で伝えてほしいなあと思うのです。メール等は、相手が開かない限り伝わらないので、約束時間のぎりぎりまで気づかないかもしれません。もしかしたら、もう電車に乗ってしまっているかもしれない。それより何より、自分の声で直接伝えることが誠意の示し方だと思うのですよね。最初にそれができなくて、とりあえずメールを送ったとしても、せめてあとから電話を入れて欲しい。

ええ、そうなんです。今日、約束をメールでキャンセルされた私が言ってますよ(笑)ちゃんと電話で言えーーーー!!